脱毛の痛みについて

PAIN

医療レーザー脱毛による痛みは軽減できるの?

自己処理が面倒だという理由もあり、女性を中心に脱毛は一般的となってきました。医療レーザー脱毛で施術をすると永久脱毛ができるため、多くの方が医療レーザーで脱毛をしています。 医療レーザー脱毛を受ける際に懸念点となるのが、痛みです。痛みが苦手な方にとっては、痛くない脱毛方法があるのかが気になっているポイントだと思います。 医療レーザー脱毛による痛みが不安という方はぜひ当院のスタッフまでご相談ください。今までも痛いのが苦手だという方も多くいらっしゃいました。痛みを軽減することもできますので安心して下さい。

なぜ医療レーザー脱毛では痛みがあるの?

医療レーザー脱毛では、痛みを伴うことがほとんどです。その痛みの感じ方は人それぞれですが、輪ゴムがぱちんと当たったくらいの痛みといわれる患者様が多いです。

医療レーザー脱毛のメカニズムとは

医療レーザー脱毛では、脱毛したい箇所にレーザーを照射して脱毛します。照射されたレーザーは黒色に反応して熱を発し、毛穴にあるメラニン色素に作用して毛を成長させる毛乳頭などの組織を破壊するのです。医療レーザー脱毛で使用されるレーザーは高出力かつピンポイントで脱毛部位に照射することができます。1度で全ての毛を脱毛することはできませんが、5~10回程度の照射で永久脱毛を実現できます。 ただし、出力が高いレーザーを使うためある程度の痛みは避けられません。

痛みを感じやすい部位

医療レーザー脱毛による痛みの程度は人によってさまざまですが、痛みを比較的感じやすい人がいます。生活を工夫することで改善できる点もあるため、痛みを感じやすい人は脱毛の前にケアを行っておきましょう。

デリケートゾーンは、太くて濃い毛が密集しているうえ、皮膚がうすくて敏感な部位です。色素沈着がおきているケースもあり、より強い痛みを感じやすいといわれています。

ひざ下・ひじ下は自己処理によって肌にダメージが蓄積されているケースが多く、レーザー脱毛による痛みが強くでる場合があります。これらの部位は保湿ケアなどによって肌の状態を改善させることで痛みを緩和することが可能です。

痛みを感じやすい人の特徴

医療レーザー脱毛による痛みの程度は人によってさまざまですが、痛みを比較的感じやすい人がいます。生活を工夫することで改善できる点もあるため、痛みを感じやすい人は脱毛の前にケアを行っておきましょう。

乾燥肌の人

乾燥肌の人は、肌のバリア機能が弱くなっている状態です。レーザーの強い熱エネルギーが加えられることで、通常以上にダメージを受けやすくなってしまいます。レーザーは高出力で発するため、痛みだけでなく火傷を負ってしまう可能性も高まります。心配な方は事前にスタッフに相談してください。

体調不良の人

体調が悪いと感じるときに施術を受けると、肌に異常が生じやすくなります。特に生理前はホルモンバランスが崩れやすく、痛みを感じやすい状態です。体調の変化によって痛みの強度が大きく変わるのです。

肌トラブルをもっている人

日々自己処理をしていると、色素沈着やキズ、赤みや腫れなどを生じてしまう場合があります。肌へのダメージが蓄積しており、痛みが強く出やすくなります。

医療レーザー脱毛による痛みは人それぞれです。肌質や毛質によるもので自分ではなんとかできない場合もありますが、肌の保湿を心がけたり、肌へのダメージを考慮した生活習慣を送るなど、痛み予防をすることができます。

医療レーザー脱毛による痛みを軽減する方法

レーザー脱毛では、もともと毛が太く濃い方ほど、痛みを感じやすくなります。体質を変えることは難しいですが、なんとか痛みを抑えて医療レーザー脱毛を受けたいという方も少なくないでしょう。また強い痛みを感じるのは最初の施術から1~3回程度です。ムダ毛が多いときにはレーザーが広範囲で作用するので痛みを強く感じやすくなります。だんだんと毛が薄くなってくるにつれて痛みが緩和されていきます。 医療レーザー脱毛による痛みにどうしても耐えられない場合、もしくは痛みが心配な場合は、痛みを軽減するために麻酔クリームを用意しています。またレーザー機器の出力を抑えての施術も可能なのでお気軽にスタッフにご相談ください。 痛みが生じるとはいっても、感じ方は人それぞれです。とても強い痛みを感じたという方がいらっしゃる一方で、それほど気にならないという方もいらっしゃいます。まずはフェミークリニックにてテスト照射を受けてみることをおすすめいたします。

お問い合わせはこちら