胸・乳輪脱毛

胸脱毛と乳輪脱毛のポイント

胸の露出の多いファッションを身につけたときや、入浴施設などではムダ毛があると他人の視線が気になるものです。それほど人目にさらす機会はないので普段はあまり気にしていない方もいらっしゃいますが、いわゆるデコルテの部分や乳輪周辺には案外ムダ毛が生えているものです。時には太い毛が生えていることも珍しくありません。胸脱毛や乳輪脱毛ではバスト周辺からデコルテ周辺の部分までのムダ毛処理をカバーする施術になります。また、胸だけでなく腹部(へそまわり)までが胸脱毛の範囲になります。

胸脱毛や乳輪脱毛を自己処理するのは大変

バストや乳輪などは自分でも手が容易に届くので、シェーバーやカミソリなどを使用して自己処理で済ませることも可能です。無理な姿勢をとらなくても、肉眼でも確認しながら自己処理を進めることが出来るので、実際に御自身の手で実践している方もいらっしゃいます。

しかし自己処理を行うこと場合には幾つかの注意が必要です。例えばカミソリを当てると皮膚表面の角質を多少なりとも削ってしまうので、カミソリ負けになったり発疹などに悩まされることがあります。また削れてしまった角質を保護するために、新たな皮膚細胞で覆われるので埋没毛と言った肌トラブルも多発しやすくなります。 また乳輪周辺は乾燥していることも多いので、不適切な自己処理を繰り返すことはさらに深刻な肌トラブルのリスクにつながります。胸の毛が気になるかたはフェミークリニック銀座院で胸脱毛や乳輪脱毛についてご相談ください。 自己処理に伴う肌あれなどの心配をすることなくしっかりきれいに脱毛施術を行います。

フェミークリニック銀座院の施術を受けたあとにも、胸脱毛は注意が必要な点があります。バスト周辺の皮膚の厚さは薄く、乳輪は神経なども集まり繊細な部分なので保湿ケアを忘れないように注意する必要があります。そういった脱毛治療後のケアについても丁寧にアドバイスします。

胸脱毛や乳輪脱毛の痛みや範囲について

胸脱毛や乳輪脱毛などを検討する場合に気になるのは、乳首などの部分までをカバーすることが出来るかという点です。乳輪の内側は、その周辺の皮膚組織と明らかに異なる色合いになっています。乳輪内部の色合いが異なっているのは、メラニン色素が存在しているからです。医療レーザー脱毛においては、メラニン色素に強く反応する種類が主流です。具体的には毛根周辺のメラニン色素に激しく反応し、毛根部分を破壊することで脱毛などの効率的なムダ毛処理を可能にしています。 そのため日焼けなどによりメラニン色素が多い状態では、レーザー脱毛などが困難な場合があります。乳輪は身体の他の部位に比べると、メラニン色素が多い部分に属します。そのため施術に使用するマシーンを選ぶ必要があります。専門の医師に相談の上、最適な脱毛治療機を選びましょう。白髪など色素の少ない毛には、十分反応する種類のレーザーを使用し、乳首周辺も含めた脱毛に対応しています。フェミークリニック銀座院では施術を実施する部位によって治療機をかえながら、どこまで脱毛できるのかは事前のカウンセリングさせていただきます。

胸脱毛・乳輪脱毛の流れとアフターケア

胸脱毛や乳輪脱毛と聞くと「恥ずかしいのでは?」と心配になって、いまいち踏み切れない方もいらっしゃるようです。それでは実際の施術の流れはどのようになっているのか、ご紹介します。

まずガウンに着替えていただきます。レーザー脱毛などを照射するときには、照射する部位だけを露出させます。照射する部位がガウンの内側に位置しているときには、ガウンをずらしていただきます。乳輪脱毛では特に正確に照射する必要があるため、バスト部分を見させていただきます。もちろん施術に当たるスタッフは女性なのでご安心ください。

p class=”mb10″>脱毛の専門家として数多くの方の胸やデリケートゾーンの脱毛などを豊富にこなした実績の多いスタッフが対応します。バストやデコルテ・乳輪などの皮膚組織は厚みが薄く繊細なので、痛みを強く感じるのではないかという点も気になるところです。もっとも痛みの感じ方は個人差が大きいわけですが、わきや腕などに比較すると痛みを強く感じる傾向があるようです。 特に乳輪やその周辺などは感覚が鋭敏になっているのは確かです。ただし施術する範囲が狭く、痛みを感じるといっても軽くゴムで弾かれる程度のことで止まる場合が多いのでほぼ我慢できる程度です。痛みが心配な方はカウンセリングなどでご相談ください。

まとめ

胸が見えるファッションや大型入浴施設などを利用する機会では、バストトップやその周辺のムダ毛の視線が気になります。ムダ毛がきれいに処理されている方とそうでない方とでは、見た目の印象ががらりと違います。しかし、自己処理では赤みなどの色素沈着や、埋没毛などの肌トラブルに遭遇するリスクが高くなるため注意が必要です。

お問い合わせはこちら

call 0120-3888-29

call 0120-3888-29

診療時間 11:00~20:00
※年末年始を除き無休

渋谷フェミークリニックスタッフ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)