シミ治療のよくある質問

よくある質問

  • Q.

    シミの原因になってしまうものは何ですか?

    A.

    シミは年齢肌のサインとしても気になるものですし、予防を心がけていきたいものです。多く場合は紫外線を受ける事によって、お肌のメラノサイトが刺激されてメラニン色素が増える事が原因です。ですからメラニン色素を増やさないために、毎日日焼け止めを使ったり、アルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使うと言った事も有効です。それでも年齢とともにターンオーバーという新陳代謝の機能が崩れてしまいますし、シミが出来てしまった場合にはシミ治療を行う事で解決出来ますので、気になる場合には美容皮膚科などの専門医に相談してみましょう。肝斑や老化が原因のシミでは治療法も異なりますのでフェミークリニック銀座院の専門医に相談してみてください。

  • Q.

    濃いシミは治療で綺麗にできますか?

    A.

    美白クリームなどでは薄くならない濃いシミは美容クリニックのレーザーによるシミ治療で消すことが可能です。ですがそのシミが出来た原因が紫外線などではなく肝斑など、妊娠や体調の変化、ホルモンバランスの変化によってできたようなものであれば消えないこともあります。ですから濃いシミは、そのシミにあったシミ治療をすることが必要です。肝斑の場合は飲み薬なども消す効果はありますから、レーザー治療などの施術の他に内側からシミを消すことができるシミ治療にもこだわってみると良いでしょう。また、そのためには丁寧に肌のカウンセリングを行うことが大事です。当院の無料カウンセリングで肌のトラブル、肌質の相談もしてから行うことが安全のためにもおすすめです。

  • Q.

    シミがあると皮膚がんの可能性が高いのでしょうか?ほくろはどうですか?

    A.

    シミは紫外線を受けて過剰に作られたメラニン色素が皮膚に染み付き出来ます。よく紫外線が当たる顔や腕、足などに出来やすい傾向があります。そのため普段あまり日に当たらない場所、足の裏や背中、手のひらなどに出来る場合は皮膚ガンの可能性があるかもしれません。メラノーマは大きさが非対称であったり、サイズが6ミリより大きいなどの症状が出ます。有棘細胞ガンは斑なシミの症状が出ます。基底細胞ガンは光沢のあるほくろの中心部分が凹んでいたり、出血の症状があります。シミ治療を考えた場合にシミやほくろの異変に気づくことがあるかもしれません。もし、これらの症状が出ていたら皮膚科などの専門医を受診することをおすすめします。

  • Q.

    シミにはどれくらいの種類があるのでしょうか?治療法は違いますか?

    A.

    患者さまから見て全く同じシミのようでも、実は様々な種類があります。シミの種類によって治療法は違う為、間違った治療をしてしまうと、症状をさらに悪化させてしまうことにも繋がりかねません。さらに色素沈着が表れている部位や範囲も考慮せねばならず、また数種類のシミが混ざり合っていることも珍しくはないので、シミ治療は適切な治療法を見極めることがとても重要です。満足できる結果を出したいのであれば、シミ治療の実績が豊富な美容クリニックを選び、丁寧にじっくりと診察を行ってくれるドクターを探しましょう。シミ治療の中には一旦色味が濃くなってしまうことや皮膚の剥離が促進されることもあるので、アフターフォローもきちんと行ってくれるクリニックが安心です。
  • Q.

    シミを効果的に予防する方法はなんですか?

    A.

    シミ予防をするには、紫外線対策がまず第一です。お肌のメラノサイトが紫外線で刺激される事で、メラニン色素が増えてしまいますが、このメラニン色素がシミの原因ですので、それを防ぐために日焼け止めを使います。日焼け止めは夏場だけ使うという方が多いかも知れませんが、それ以外の季節でも紫外線は出ていますので出来れば1年中使うのが理想です。それでもシミが出来てしまった場合には、シミ治療を行う事で薄くしたり消したりすることが可能です。美容皮膚科では、レーザーやフラッシュと言った医療機器を使った方法や、ハイドロキノンという漂白作用のある薬を処方してもらうことも出来ますし、肝斑にはトラネキサム酸が有効です。まずは診察を受けてみましょう。

  • Q.

    治療後に再度シミができてしまうことはあるのでしょうか?もう一度治療できますか?

    A.

    シミは加齢と共に代謝が鈍ったり、これまで浴びてきた紫外線が蓄積されたことによって発生します。シミ治療を行うことによって、メラニン色素をレーザーなどで破壊することで、綺麗な肌を取り戻すことができます。しかしシミ治療を行った後に、シミが再発する可能性はあります。その理由として、シミができやすい部分は頬骨など紫外線が顔に当たりやすいところを中心にしてできるので、一度色素沈着した部分を取り除いてもまたできてしまうからです。シミ治療の際、レーザーで肌が炎症を起こして色が濃くなっても自然とおさまりますが、その後、再び新しいシミができることにより再発することもあります。再発したらもう一度、改めてシミ治療を受けることができますが、できればシミ治療を受けた後は、スキンケアを丁寧に行ったり紫外線対策を心掛けることをおすすめします。フェミークリニック銀座院ではそのためのアドバイスも行っていますのでお気軽にお尋ねください。

  • Q.

    シミの治療や治療後は痛いのでしょうか?

    A.

    一口にシミと言っても、その原因や状態はさまざまです。大きく分けると6つほどになりますが、そのシミの種類によってレーザー治療や薬の服用など効果的な治療法は異なります。そのため、まずは自分のシミの原因を皮膚科のクリニックなどで相談することが大切です。そのうえで専門家が治療方法を考えてくれますが、シミ治療にレーザーを使用するのであれば軽いやけどをさせて皮膚を剥がすことになるので、多少の痛みは伴ってしまいます。もちろん治療前や治療後には、それぞれ麻酔薬や痛み止めも使用します。けれどもまったく痛みのないシミ治療の方法で効果をあげることができるかどうかは、シミ治療を専門としている医師に相談するのが一番でしょう。

お問い合わせはこちら

call 0120-3888-29

call 0120-3888-29

診療時間 11:00~20:00
※年末年始を除き無休

銀座フェミークリニックスタッフ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)