ハイジニーナ脱毛

HYGIENE

ハイジニーナ脱毛にはたくさんのメリットがあります

ハイジニーナ脱毛はデリケートゾーンの脱毛のことです。デリケートゾーンの脱毛ということでどうしても恥ずかしいという気持ちがあったり、脱毛そのものに対して痛そうというイメージがあったりしてなかなか施術を受けようという気持ちが固まらないということもあるかもしれません。今回はハイジニーナ脱毛によるメリットやデメリットとそのケアについてお伝えしますので、迷っている方の参考にしていただければと思います。

ハイジニーナ脱毛のメリットについて

ハイジニーナ脱毛はアンダーヘアをすべて脱毛することで、ビキニラインであるVラインや、陰部の両側のIライン、ヒップ奥のOラインの毛をすべての部位で毛が全くない状態にします。

デリケートゾーンを清潔に保つ

メリットのひとつは、デリケートゾーンを清潔に保つことができるということです。これはハイジニーナ脱毛を行う場合の最大のメリットと言えます。デリケートゾーンは蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすいため生理の時などは臭いやかゆみなどに悩まされている女性の方は多いと思います。ハイジニーナ脱毛をすることで蒸れの原因である毛がなくなるため、雑菌の繁殖をおさえ、かゆみなどの不快感も軽減されます。

好きなファッションを楽しめる

デリケートゾーンのアンダーヘアを整えると下着や水着などの選択肢が広がり、ファッションを今まで以上に楽しめます。好きなデザインの下着をつけることができるようになったり、水着を着た時に毛がはみ出ることを気にしたりする必要はなくなります。 また、これまで自分でアンダーヘアのむだ毛を処理していた場合には、自己処理が不要になるのもメリットのひとつです。カミソリで自己処理をする人もいますが、デリケートゾーンは皮膚が薄く敏感なので、黒ずみになってしまうことや、埋没毛や肌荒れなどの肌トラブルの原因になります。ハイジニーナ脱毛をすることで安全にアンダ―ヘアの手入れができ、肌にも負担をかけません。

ハイジーナ脱毛のメリット

メリット①「清潔感」

何と言っても、毛が生えていない状態は清潔感があります。人気の理由もそのひとつであり、ハイジーナという言葉自体も、英語で「清潔」「衛生的」などの意味を指します。

デリケートゾーンに毛が生えていると、生理中やオリモノ、尿やお腹を下しているときなど、拭き取り切れていない場合も。そうした場合、雑菌が繁殖しニオイを発生させることになり、かゆみやかぶれの原因になることもあります。自分では清潔に保っているつもりでも、毛に絡まっていることもあるのです。ハイジーナ脱毛は、そんなニオイ・ムレの原因を元から防いでくれます。

ハイジニーナ脱毛のデメリットについて

メリットの多いハイジニーナ脱毛ですが、施術をうけるうえでデメリットについてもしっかりと把握しておく必要があります。

施術時の痛み

ひとつは施術時の痛みです。痛みの感じ方には個人差がありますが、デリケートゾーンは他の部位よりも皮膚が薄い、太く濃い毛が密集している、皮膚が柔らかいなど、脱毛時の痛みを感じやすい部位です。痛みを軽減する方法としては、脱毛前は体調を整えて、生理前や生理直後は避ける、脱毛する部位には日頃から保湿ケアを心がけることです。また、施術中に痛みが気になる場合には出力を下げてもらうこともできますし、専門の美容皮膚科では麻酔クリームなどの麻酔を使って痛みを抑えることもできるので相談してみてください。

場所が場所なので恥ずかしい

プロが脱毛をするとはいえ、デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしいという思いもあるでしょう。いくら相手がプロ、同性といっても恥ずかしい気持ちはなかなか簡単に解決できるものではないかもしれません。こうした方への配慮として、サロンやクリニックでは個室での施術やタオルで隠すなどの対応を取っているので、不安な場合には個室の有無等事前に確認しておくと良いでしょう。

下半身の冷え

ハイジニーナ脱毛をすることで下半身の冷えを感じる場合があります。アンダーヘアがなくなることによってと下着やナプキンなどに直接肌が触れる面積が多くなります。化学繊維でできている下着やナプキンがあまり肌に良いものでもないため、冷える原因と言われています。脱毛後の下着はオーガニックコットンの素材のものを使うようにすると冷えの対策になるので、気になる方には使用をおすすめします。

脱毛は専門の美容皮膚科へ

脱毛サロンとクリニックのどちらもハイジニーナ脱毛はできますが、それぞれに違った特徴があります。

脱毛サロンの場合は、光脱毛やフラッシュ脱毛という方法で、機械を使って毛を作り出すところに直接光を照射して脱毛します。一度の施術で大きいダメージを与えるというのではなく、徐々にダメージを与えていくというやり方です。徐々に毛を少なくしていくのと、毛の質を変えることが特徴です。照射のパワーが弱いので痛みを感じにくい反面、効果があらわれるまでが時間がかかります。脱毛を完了させるには約1年半以上は必要です。

クリニックでの医療脱毛は国家資格のある医師や看護師が医療レーザーを使って脱毛を行います。脱毛サロンの光脱毛とは異なり、出力パワーが強いため脱毛効果が高く、サロンよりも1.5~2倍程度は早く効果を実感できます。医師や看護師が施術を行うため安心なのも魅力です。施術時の痛みに関しても、医療機関ですので麻酔クリームなど麻酔を使うこともできます。万が一トラブルが発生した場合でもその場に医師・看護師がいるので安心できます。これはクリニックでの大きなメリットとも言えます。

まとめ

ハイジニーナ脱毛は主に衛生面でのメリットと、カミソリなどを使った自己処理の必要がなくなるので、デリケートゾーンの肌トラブルを避けられるという大きなメリットがあります。痛いのは怖いという思いもあるでしょうが、フェミークリニック銀座院では、施術経験豊富なスタッフが痛みの感覚を伺いながら照射スピードを調節するなど丁寧に治療をおこないます。無料カウンセリングを受け付けておりますので、ぜひ一度ご連絡ください。

お問い合わせはこちら