ニキビの種類

ニキビの種類に合わせた治療が早期改善のカギ

銀座院院長 菅原 奈津子

ニキビにはさまざまな種類があり、それぞれ対処法・治療法が異なります。 間違ったケアで症状が悪化してしまう場合もありますので、早期改善のためにご自身に合った治療法の選択が重要です。

ここでは、美容皮膚科 銀座フェミークリニックがニキビの種類についてご説明いたします。

【年齢で見分ける】
思春期ニキビと大人ニキビ

思春期ニキビ

年齢 10~20代前半
性別 男女
部位

皮脂が多く出るTゾーン(おでこや鼻)

思春期ニキビ
肌状態 全体的に脂っぽい
特徴 一時的にニキビが増えるケースが多い
主な原因 成長期のホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌
対策
  • 肌を清潔に保ち、患部を触らないようにする
  • 洗顔は1日2回が理想
  • 刺激の少ない洗顔料で優しく洗い、乾燥が気になる場合は保湿する
  • 規則正しい生活を心がけ、睡眠を十分に取る
  • スイーツや脂っぽいもの、刺激の強い食品を控える

大人ニキビ

年齢 20代後半~
性別 比較的女性に多い
部位

顔:頬・口周り、アゴ(Uゾーン)
体:首、胸元、背中

大人ニキビ
肌状態 肌表面は脂っぽく見えるが、肌の内側が乾燥している(インナードライ)
特徴 さまざまな原因が複雑に絡み合っているので、治りにくく、繰り返してしまうことが多い
主な原因
  • 肌の乾燥
  • ストレス
  • 生理周期の乱れ
  • ターンオーバー(肌が生まれ変わるサイクル)の乱れ
  • 間違ったスキンケア
  • 睡眠不足
  • 栄養の偏り
対策
  • 肌を清潔に保ち、洗顔後はしっかり保湿する
  • ストレスをため込まないようにする
  • 規則正しい生活を心がけ、睡眠を十分にとる
  • バランスのよい食生活を心がける
  • シャンプー・リンスの流し残しに注意する(顎周り、首、背中、頭皮など)

【症状で見分ける】
進行状態によって異なる
4種類のニキビ

初期段階のニキビ

初期段階のニキビは炎症を起こしていない状態です。適切な治療を受ければ短期間で改善できますが、放っておいたり、間違ったケアをしたりすると症状が進行してしまいます。

  • 白ニキビ

    白ニキビ

    【症状】

    • 毛穴に皮脂が詰まった状態
    • 炎症は起きておらず、痛み・腫れもない

    【改善方法】

    • きめ細かい泡で優しく丁寧に洗顔を行う
    • 油分が少なく保水力のある化粧水などで保湿を十分にする
  • 黒ニキビ

    黒ニキビ

    【症状】

    • 毛穴にたまった皮脂が酸化して黒くなっている状態
    • 炎症は起きておらず、痛み・腫れもない

    【改善方法】

    ビタミンC誘導体を配合したスキンケアアイテムなどで洗顔や保湿を行う

炎症を起こしている重度のニキビ

重度のニキビは皮膚に炎症が起きている状態です。ここまで進行してしまうとセルフケアでの改善は難しく、炎症が長引くと毛穴周りの皮膚細胞まで破壊され、ニキビ跡が残ってしまいます。ニキビを治し、ニキビ跡を残さないためにも医療機関での治療をおすすめします。

  • 赤ニキビ

    赤ニキビ

    【症状】

    • 毛穴内でアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしている状態
    • 赤く腫れていて、強い痛みを伴う

    【改善方法】

    • 患部を触らない
    • 肌を清潔に保つ
    • 保湿をしっかり行う
    • ファンデーションをつけない
  • 黄ニキビ(化膿ニキビ)

    黄ニキビ(化膿ニキビ)

    【症状】

    • 毛穴に膿が溜まり、腫れている
    • 炎症が治まるまでに時間がかかる

    【改善方法】

    セルフケアだけでの改善は難しいため、早めに医療機関へ行く

美容皮膚科
銀座フェミークリニックの
ニキビ治療

銀座フェミークリニックのニキビ治療

銀座フェミークリニックでは、ケミカルピーリング、光治療、内服薬・外用薬といったさまざまな治療法の中から、症状に合った治療法を組み合わせてご提案しています。

また、ニキビを繰り返さない肌に導くために、ホームケアのアドバイスも行いながら、少ない施術回数でご満足いただけるように努めています。

銀座院のニキビ治療について詳しくはこちら

TOP