ニキビの種類

ニキビの種類に合わせた治療が早期改善のカギ

ニキビの種類を知ることから始めよう

ニキビにはさまざまな種類があり、それぞれに対処法・治療法が異なります。
間違ったケアで症状が悪化してしまう場合もありますので、早期改善には症状をしっかり見極め、ご自身に合った治療法の選択が重要です。

ここでは、ニキビ治療に力を入れ、豊富な治療実績のある美容皮膚科 銀座フェミークリニックがニキビの種類についてご説明いたします。
ご自身のニキビの状態を知って、適切な対処・治療の参考にしてください。

【年齢で見分ける】
思春期ニキビと大人ニキビ

ニキビは大きく思春期ニキビと大人ニキビの2種類に分けられます。
これらは原因が異なるため、発生する年齢に違いがあります。

10代から20歳前後にできる「思春期ニキビ」

思春期ニキビ

10代に多くみられる思春期ニキビの主な原因は、成長期におけるホルモンバランスの変化です。
思春期になると男性だけでなく、女性でも男性ホルモンの比率が高まり、皮脂の分泌量が増えます。
すると毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、アクネ菌が繁殖してニキビができてしまいます。
思春期ニキビは顔全体、特に皮脂が多く出るTゾーンにできやすい特徴があります。

日頃からの対策や注意点

思春期ニキビは一時的に増えるケースが多いので、焦らずに丁寧なスキンケアを続け、規則正しい生活やバランスのよい食習慣を心がけましょう。
また、ニキビを触ったり、潰したりすると症状の悪化やニキビ跡につながります。患部はできるだけ触らないようにしてください。

POINT

  • お肌を清潔に保ち、患部を触らないようにする
  • 洗顔は1日2回が理想。洗顔のしすぎはお肌の乾燥の原因に
  • 刺激の少ない洗顔料で優しく洗い、乾燥が気になる場合は保湿する
  • 規則正しい生活を心がけ、睡眠を十分にとる
  • スイーツや脂っぽいもの、刺激の強い食品を控える

20代以降にできる「大人ニキビ」

大人ニキビ

20代以降にみられる大人ニキビは、できものや吹き出物などとも呼ばれます。
ストレス、生理周期の乱れ、まちがったスキンケアなどによりお肌のバリア機能が低下し、十分なうるおいが保持できなくなるとお肌のターンオーバーが乱れます。
すると、古い角質が正常に排出できなくなって毛穴詰まりを起こし、皮脂がたまってアクネ菌が繁殖してしまうのです。

大人ニキビはさまざまな原因が複雑に絡み合っていることから、治りにくく、繰り返してしまうのが特徴です。頬や口周り、アゴなどのUゾーン、身体では首や胸元、背中にできやすい傾向があります。

日頃からの対策や注意点

お肌の乾燥も大人ニキビの原因のひとつです。
乾燥によってターンオーバーが乱れるだけでなく、お肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてしまいます。それだけに、お肌の保湿が大切です。

POINT

  • お肌を清潔に保ち、洗顔後はしっかり保湿する
  • ストレスをため込まないようにする
  • 規則正しい生活を心がけ、睡眠を十分にとる
  • バランスのよい食生活を心がける
  • シャンプー・リンスの流し残しに注意する(顎周り、首、背中、頭皮など)

【症状で見分ける】
進行状態によって異なる4種類のニキビ

ニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ(化膿ニキビ)の4種類があり、放っておくと徐々に進行していきます。
重症化すると改善が難しくなりますから、早めに治療を始めましょう。

初期段階のニキビ

初期段階のニキビは炎症を起こしていない状態です。
適切な治療を受ければ短期間で改善できますが、放っておいたり、間違ったケアをしたりすると症状が進行してしまいます。

白ニキビ

白ニキビ

初期段階のニキビです。
毛穴に皮脂が詰まって皮膚が盛り上がり、白っぽく見えることかた白ニキビと呼ばれています。炎症が起きていないため痛みや腫れはありません。
自然と治るケースが多いものの、気になって触ったり、つぶしたりすると雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまいます。
洗顔や正しいスキンケアを心がけ、皮膚のバリア機能の再生・維持を心がけましょう。

黒ニキビ

黒ニキビ

白ニキビから進行した段階のニキビです。
皮脂の量が増えて毛穴が開き、皮脂が空気に触れて酸化して黒っぽく見えることから黒ニキビと呼ばれます。
そのままにしておくと炎症を起こす恐れがありますから、洗顔や保湿をしっかり行ってください。
なお、黒ニキビができやすい方はお肌が酸化しやすい状態になっていますので、ビタミンC誘導体を配合したスキンケアアイテムがおすすめです。

炎症を起こしている重度のニキビ

重度のニキビは皮膚に炎症が起きている状態です。
ここまで進行してしまうとセルフケアでの改善は難しく、炎症が長引くと毛穴周りの皮膚細胞まで破壊され、ニキビ跡が残ってしまいます。
ニキビを治し、ニキビ跡を残さないためにも医療機関での治療をおすすめします。

赤ニキビ

赤ニキビ

白ニキビや黒ニキビが悪化し、皮膚が炎症を起こして赤く盛り上がった状態が赤ニキビです。
毛穴に皮脂が詰まることで繁殖したアクネ菌によって皮膚の細胞が破壊れてしまい、ニキビ跡が残る場合があります。
患部を触らない、清潔を保つ、保湿を心がける、ファンデーションをつけないなどの対処をしつつ、炎症が長引く場合は医療機関に相談してください。

黄ニキビ(化膿ニキビ)

黄ニキビ(化膿ニキビ)

炎症が進み、毛穴の内部に膿がたまって黄色く化膿したニキビの最終段階です。
炎症が真皮にまで達してしまっているため、炎症が治まるまでに時間がかかり、治った後にニキビ跡や色素沈着が残る可能性が高まります。
セルフケアでの改善は難しく、再発の可能性も高まりますので、黄ニキビ(化膿ニキビ)になる前に医療機関での治療をおすすめします。

銀座フェミークリニックのニキビ治療

銀座フェミークリニックのニキビ治療

美容皮膚科 銀座フェミークリニックでは、今あるニキビを治療するだけでなく、お肌そのものを根本から改善し、ニキビを繰り返さないお肌へと導くことを大切にしています。

画一的な治療ではなく、「その方にとって本当に必要な治療はなにか?」を常に考え、ケミカルピーリング、光治療、内服薬・外用薬といった様々な治療を症状ごとに組み合わせてご提案。

さらに、ホームケアのアドバイスも行いながら、少ない施術回数でご満足いただける結果が出せるように努めています。

初期段階から重度、さらに複数種類のニキビが混在しているケースにも対応していますので、お気軽にご相談ください。


お問い合わせはこちら

call 0120-3888-29

call 0120-3888-29

診療時間 11:00~20:00
※年末年始を除き無休

銀座フェミークリニックスタッフ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)