ニキビの部位

ニキビ種類とニキビができる部位

ニキビのできる部位によっては成人してもなかなか治らないニキビ、進行状況によって種類が異なります。 ニキビをしっかり治すためには、ニキビの種類や症状、そして患者さまの肌質に合わせた、適切なニキビ治療を行わなければなりません。 また、ニキビは繰り返しできることが多いため、再発を防ぐには肌質ごと改善する必要があります。 ニキビは白ニキビから黒ニキビになり、そこから赤ニキビ、黄ニキビと進行していきます。それぞれの症状と合せて適した対処法があります。もし放置してしまうと、ニキビはどんどん悪化し、跡が残ってしまったり、同じ場所に繰り返しニキビができるようになります。 ニキビは繰り返してしまうのも特徴なので再発を防ぐのも重要です。

こちらでは、ニキビの種類や種類ごとの対処法とニキビ治療について、フェミークリニック銀座院が詳しく説明いたします。

年齢ごとのニキビ

思春期ニキビ

思春期にはニキビができやすく、鼻の周りやおでこといった部位にできやすいという特徴があります。 成長期に起こるホルモンバランスの乱れで一時的に男性ホルモンが多くなり、皮脂を過剰に分泌させ、毛穴からの排出がおいつかず毛穴が皮脂で詰まりやすくなることが思春期ニキビの原因です。 ニキビの原因菌(アクネ菌など)は、古い角質や皮脂をエサとして繁殖してしまいます。その結果、毛穴が炎症を起こすことによって、ニキビができます。 思春期ニキビを改善するためには、正しい方法で洗顔し、皮脂汚れをしっかりと落とすことが大切です。 日頃のスキンケアを見直し、肌の清潔さを保つことで、症状の緩和が期待できます。 早く治したい、確かな効果がほしいという方は、当院を受診することをおすすめします。

大人ニキビ

20歳を過ぎてからできる大人ニキビは、顎(あご)や口まわりなどの部位にできやすいといわれています。 特に、更年期に入ると発症しやすくなります。

2顎や口まわりに大人ニキビができやすいのは、男性ホルモンの影響を受けやすいためです。中でも顎のニキビには、何度も繰り返し発症する上に、治りにくいという特徴があります。

大人ニキビは思春期ニキビと同様に、過剰に分泌した皮脂が毛穴を詰まらせることで発症しやすくなります。 皮脂の過剰分泌の原因としては、肌のターンオーバーの乱れや肌機能の低下が深く関わっています。過度なストレス、不規則な生活習慣や食生活の乱れ、さらに女性の場合はメイクによる毛穴詰まりなど、さまざまな要因によって肌の機能が十分に発揮されなくなると毛穴に古い角質や老廃物が溜まり、ニキビが発生してしまうのです。

2大人ニキビを改善するためには、日頃の生活習慣を見直し、ストレスを溜めないことが大切です。 また、大人ニキビは繰り返し起きる為、フェミークリニック銀座院ではただ治すのではなくニキビを作らない肌をつくるようスキンケア指導も行なっております。

ニキビの種類

白ニキビ

■白ニキビとは

白ニキビとは、色のない小さく盛り上がったニキビを指します。 ニキビの初期段階で白ニキビをきちんと治さないと悪化していきます。 原因は汚れなどで毛穴が塞がれることで毛穴に皮脂が溜まることで、皮膚が盛り上がります。 炎症を起こしている訳ではなく、痛みや赤みなどの症状はありません。

■白ニキビの注意点

ニキビの初期段階の為、早めに治療を行えば比較的すぐに治癒します。 痛みもないので、指でつぶしたり押し出してしまう方も多いのですが、絶対にやってはいけません。触って刺激を与えたり傷つけてしまうと炎症をおこしてしまい、ニキビ跡になってしまう可能性もあります。

■白ニキビの対処法

初期段階なので、毎日の正しい洗顔によって肌を清潔に保つことが重要です。皮脂や汚れなどしっかり落とすことで毛穴詰まりを防止します。 洗顔方法はたっぷりの泡で優しく包み込むよう洗ってください。 皮脂の過剰な分泌を抑えることも白ニキビ予防につながりますので、皮脂の過剰な分泌は食生活や睡眠不足、ストレスや運動不足が要因となります。また、乾燥もニキビの要因となります。

■白ニキビに処方する内服薬・外用薬

・ディフェリンゲル

・ベピオゲル

・抗生物質

・ビタミン剤

・ステロイド

■白ニキビへのニキビ治療の施術

・レーザー治療

・ケミカルピーリング

・クロモライト(光線治療)

・クリアタッチS(光線治療)

黒ニキビ

■黒ニキビとは

白ニキビの次の段階になります。白ニキビからさらに皮脂が溜まり、毛穴が押し広げられると皮脂が空気に触れて酸化します。酸化によって黒くなった状態が黒ニキビと呼ばれています。 皮脂が酸化したのみの為、炎症は起きていないので、黒ニキビの段階までであれば、ニキビ跡が残る心配はありません。

■黒ニキビの注意点

白ニキビ同様に刺激は厳禁です。とくに多いのが市販の毛穴ケアグッズで角栓を取ろうとするケースですが、実は逆効果で毛穴が開くことで再発の可能性があがり、ニキビ跡になってしまう可能性もあります。

■黒ニキビの対処法

白ニキビの対処法と基本的には同じです。丁寧な洗顔で汚れや角栓を取り除き、肌を清潔に保ちましょう。無理な刺激を与えると肌を傷つけるだけではなく、肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌してしまいます。 また、白ニキビと同様に、食生活や寝不足などの生活習慣の見直しも必要です。

■黒ニキビに処方する内服薬・外用薬

・ダラシンゲル

・ベピオゲル

・レチノイド

・過酸化ベンゾイル

・ビタミン剤

・アクアチムクリーム

■黒ニキビへのニキビ治療の施術

・レーザー治療

・ケミカルピーリング

・イオン導入

・クロモライト(光線治療)

・クリアタッチS(光線治療)

・面皰圧出

赤ニキビ

■赤ニキビとは

炎症が起きてしまっている状態です。赤く痛みを伴い毛穴が炎症を起こして赤く盛り上がった状態です。 セルフケアだけでは治りにくくニキビ跡も残りやすくなるため、赤ニキビをしっかりと改善するには、皮膚科での適切な治療が必要です。

■赤ニキビの注意点

炎症は、白血球がニキビの原因菌(アクネ菌)を感知し、侵入を防ごうと活発になることで起こります。 その際、白血球が過剰な反応を示すと、炎症が広がり、肌は痛み・痒みを感じるようになります。 しかし、手で触れたり掻いたりすると症状が悪化してしまうので気をつけてください。 また、ファンデーションやコンシーラーは毛穴を塞いでしまう為、症状が悪化する可能性があるため、できるだけ控えましょう。

■赤ニキビの対処法

炎症を抑えることが特に重要です。そのため、洗顔などのケアだけでなく、炎症を抑える薬の使用をしていく必要があります。 肌や状況によって薬は変わりますので、自己判断でケアをせずに医師に相談しましょう。

■赤ニキビに処方する内服薬・外用薬

・抗生物質

・ビタミン剤

・アクアチムクリーム

■赤ニキビへのニキビ治療の施術

・レーザー治療

・ケミカルピーリング

・イオン導入

・クロモライト(光線治療)

・クリアタッチS(光線治療)

・面皰圧出

黄ニキビ

■黄ニキビ(化膿ニキビ)とは

黄ニキビとは、炎症が悪化して肌の奥の真皮層にまで達して重症化したものです。化膿して膿が溜まった状態のニキビで、ニキビの最終段階です。 膿疱性ニキビとも呼ばれ、ニキビが消えた後も、色素沈着やクレーター状のニキビ跡が残る可能性が高くなります。

■黄ニキビの注意点

ニキビの主な原因であるアクネ菌が増殖して炎症を起こしている状態の赤ニキビから進行すると、皮膚の常在菌である黄色ブドウ球菌もニキビに入り込み増殖してしまいます。 それらの菌を退治しようとして白血球が戦い、その死骸が膿となって積み重なった結果、化膿ニキビができます。 触ると痛みもあり、膿を出そうと針や指などで黄ニキビをつぶそうとする方がいるのですが、絶対にやめてください。 黄ニキビは肌の深部まで進行しているので、むやみにつぶすとそこから細菌が入ったり、皮膚組織にダメージを与えたりする可能性があります。凸凹や色素沈着のニキビ跡にもつながります。

■黄ニキビの対処法

黄ニキビは自己ケアでは困難な状態です。赤ニキビ同様炎症や膿を抑えることが重要ですが、一時的に炎症や膿がひいても、色素沈着やクレーター状の凸凹ニキビ跡が残りやすく、そうなるとニキビ跡の治療が必要になります。 そもそも膿をもった黄ニキビはケガや病気と同じようなものなので、早めにご相談ください。

■黄ニキビに処方する内服薬・外用薬

・抗生物質

・ビタミン剤

・アクアチムクリーム

・ロアキュテイン

■黄ニキビへのニキビ治療の施術

・レーザー治療

・ケミカルピーリング

・イオン導入

・クロモライト(光線治療)

・クリアタッチS(光線治療)

・面皰圧出

ニキビ跡

■ニキビ跡とは

ニキビ跡は、ニキビを潰してしまう事や肌の深部である真皮や皮下組織にまで炎症を起こすことでダメージがついてしまい、クレーター状態の凸凹や色素沈着がおこる事が要因です。 ニキビ跡の種類としては「赤み」「クレーターのような凸凹」「色素沈着」というタイプがあります。

■ニキビ跡の注意点

そもそもニキビ跡を残さないように、ニキビが進行する前に処置することが重要です。 それでもニキビ跡が出来てしまった場合は、早めにフェミークリニック銀座院にご相談ください。

■ニキビ跡の対処法

「赤み」「クレーターのような凸凹」「色素沈着」それぞれタイプでケアや治療方法が異なります。 クリニックで、適切な治療を受けるようにしてください。

■ニキビ跡におすすめの治療

・TCAピーリング

・PRP治療(再生治療)


ニキビは特に気になる部位にできやすいですが、気にして触ったり、意識しすぎてストレスになったりと悪循環になることがあります。 フェミークリニック銀座院が重視しているのは、ニキビを一時的に治すのではなく、根本的にニキビができにくい肌へと肌質から改善することです。 そのために、患者さま一人ひとりの症状を丁寧に診断し、ケミカルピーリングや光線治療などを組み合わせた、効果の高いニキビ治療プランをご提案いたします。 また、ニキビ治療の効果をさらに高めるために、必要に応じて外用薬を処方し、患者さまご自宅でできるスキンケアの指導も行っております。

お問い合わせはこちら

call 0120-3888-29

call 0120-3888-29

診療時間 11:00~20:00
※年末年始を除き無休

渋谷フェミークリニックスタッフ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)