3タイプのクマの種類から、それぞれに対し適切な治療を行うことが重要です
目の下のクマがあると、どうしても疲れた表情に見えたり、見た目年齢も上がりがちです。
クマは、寝不足の時に現れる印象がありますが、症状や原因はそれだけではありません。
「青クマ・茶クマ・黒クマ」と3つの症状に分類され、原因は様々です。誤った判断でセルフケアを行うと症状が悪化する恐れがございますので、まずはご相談ください。

クマタイプをチェック

クマ治療はこのような方におすすめ

≫ 目のくまが目立つ
目の下のふくらみが目立つ
≫ メイクしてもクマが隠れない
治療の効果早く表れます。
≫ いつも疲れた顔に見える

クマ治療メニュー

  サーマクールアイ PRP(ACR)療法 ヒアルロン酸注入 レーザートーニング アクシダーム
青クマ(血行不良)    
茶クマ(色素沈着)      
黒クマ(たるみ)    

治療方法について

»サーマクールアイ
まぶたのたるみや目元の小じわなどを改善する治療です。
»PRP療法(ACR療法)
血小板がもつ、「傷を治す効果」を応用した治療法です。
»ヒアルロン酸注射
眉間やほうれい線などのシワを目立たなくさせる治療法です。
»フェイシャルアクシダーム
イオン導入の約10倍の浸透力で美肌有効成分を肌の奥まで導入します。
»レーザートーニング
レーザー機器がこれまで難しかったシミ・肝斑の悩みを解消します

クマ治療をされた方の声

施術名 再生医療 PRP療法 8cc 1回
施術の説明 ご自身の血液から血小板を抽出し、しわやたるみ、ニキビ等、気になる部位へ注入し、肌機能を再生させる治療法です。
血中内の血小板には成長因子が多数含まれており、コラーゲン生成や肌細胞活性化を促す働きがあります。
施術の副作用
(リスク)
発赤、腫脹、内出血、痒み、熱感、軽いこわばりが2・3~1週間程続くことがあります。
また、稀に遅延型アレルギーが生じることがあります。
施術の価格 220,000円

3タイプのクマの種類を診断し、それぞれの症状に対し適切な治療を行うことが重要です

クマといっても、血行不良により現れる症状や、紫外線や乾燥が要因のもの、たるみからくるものなど原因は様々です。
「青クマ・茶クマ・黒クマ」の各タイプによって、それぞれ効果的な治療法がございます。
クマのない、若々しくて魅力的な目元を手に入れるために、ご自身の判断で誤ったケアをする前に是非お気軽にご相談ください。フェミークリニックは美容皮膚科としてみなさまのお悩みにお答えいたします。

当院について

銀座フェミークリニック お問い合わせ先


東京都中央区銀座1-3-13
The ORB Premiere(オーブプレミア)3F
0120-3888-29
電話受付時間  [ 月~土 ] 10:30~20:00
[ 日・祝 ] 10:30~19:00
診療受付時間  [ 月~土 ] 11:00~20:00
[ 日・祝 ] 11:00~19:00
  • 無料診察・カウンセリング予約
  • 無料メール相談

銀座フェミークリニック お問い合わせ先


東京都中央区銀座1-3-13
The ORB Premiere(オーブプレミア)3F
0120-3888-29
電話受付時間  [ 月~土 ] 10:30~20:00
[ 日・祝 ] 10:30~19:00
診療受付時間  [ 月~土 ] 11:00~20:00
[ 日・祝 ] 11:00~19:00
東京都中央区銀座1-3-13
The ORB Premiere(オーブプレミア)3F
  • 無料診察・カウンセリング予約
  • 無料メール相談